主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2015/07/29

Moto X Styleなど、Motorolaの3種類の新機種が発表されました!

日本時間7月28日22時から始まったMotorolaの発表会で、Moto X StyleMoto X PlayMoto G (3rd Gen)が発表されました!


発表会の風景も混ぜつつ、紹介していきたいと思います!



Moto X Style

まずは、新型Moto Xの一つである、Moto X Styleです。

外観等





外見は、リーク通りのものですね。
背面は今までのMoto Xと同様、カーブをしていて非常に持ちやすい印象です。



画面占有率の比較です。iPhone6+が68%、Galaxy S6が71%に対し、Moto X Styleは76%となっています。本体の大きさに対して画面がかなり大きいことが分かります。



また、Moto X 2nd Genでは対応していなかった、フロントステレオスピーカーに対応します。動画などのコンテンツ視聴が楽しくなりそうですね。

Moto Maker




Moto X Styleも今までと同様、Moto Makerに対応しています。
今回はカメラ部分のアクセントが印象的ですね。


急速充電



Galaxy S6との充電の比較ですが、Moto X Styleの方が早く充電できています。



50%の充電(15分)で10時間以上持つようです。

カメラ



カメラはリアカメラが21MP、フロントカメラが5MPとなります。フロントカメラが5MPなのは、最近のセルフィ需要に合わせてのことでしょうね。
また、発表会では特に言及されませんでしたが、Styleはフロントフラッシュに対応しております。
暗いところでもセルフィを楽しめますね!

Pure Edition


Moto X StyleにはPure Editionが存在します。(どうやらアメリカではPure Editionしか発売しないようです。)
こちらは、SIMアンロック、ピュアAndroid、ユニバーサルLTEバンド対応、ということです。

スペック


スペックについては画像の通りです。恐らくPure EditionとStyleはスペックがほとんど一緒だと思われます。(スペック一覧については後程Playと一緒に出します。)


Moto X Play



Moto X PlayはMoto X Styleの廉価版と言ったような立ち位置であると思います。



こちらも急速充電に対応しており、15分の充電で8時間持つようです。かなりタフな使い方が出来そうですね。



なお、ディスプレイのサイズは5.5インチFHD(1920×1080)となります。

スペック


スペックについては画像の通りです。
以下、StyleとPlayのスペック比較です。

メーカーMotorola Mobility
モデルStylePlay
価格$399~(Pure Edition) / £399~(Style)£279~
OSAndroid 5.1.1 lollipopAndroid 5.1.1 lollipop
SoCCPU:Qualcomm Snapdragon 808 MSM8992 1.8GHz 6コア / GPU:Adreno 418 600MHzCPU:Qualcomm Snapdragon 615 MSM8939 1.7GHz 8コア / GPU:Adreno 405 550 MHz
RAM3GB2GB
ROM16GB(Pure Editionのみ) / 32GB / 64GB16GB / 32GB
サイズ高さ:153.9 mm / 幅:76.2 mm / 厚さ:6.1~11.06 mm高さ:148.0mm / 幅:75.0mm / 厚さ:8.9~10.9mm
重さ179g169g
画面5.7インチ / TFT LCD / 1440p 1440x2560 / 520 ppi / Corning Gorilla Glass 35.5インチ / 1080p 1080×1920 / 403 ppi / Corning Gorilla Glass 3
バッテリー3000 mAh / Turbo Charging3630 mAh / Turbo Charging
ネットワーク
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHzGSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
WCDMA800 / 850 / 900 / 1700 / 1900 / 2100 MHzWCDMA800 / 850 / 900 / 1700 / 1900 / 2100 MHz
LTE:Band
(Pure Edition)
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 25 / 26 / 38 / 41
LTE:Band
1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 41
LTE:Band
(UKStyle)
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 20 / 25 / 28 / 29 / 40
リアカメラ21MP / f値2.0 / 位相差検出方式AF / デュアルトーンフラッシュ / 1080p HD video (60 fps) / 4K video (30fps)21MP / f値2.25 / デュアルトーンフラッシュ / 1080p HD video (30 fps)
フロントカメラ5MP / f値2.0 / ワイドアングルレンズ / フラッシュ5MP
SIMNano-SIMNano-SIM(地域によってDual Nano-SIM)
microSD最大128GB最大128GB
接続端子Micro USB / 3.5mm ヘッドセットジャックMicro USB / 3.5mm ヘッドセットジャック
無線通信WiFi:802.11a/g/b/n/ac + MIMO / Bluetooth version 4.1 LE / NFCWiFi:802.11a/g/b/n (dual band capable) / Bluetooth version 4.0 LE / NFC
スピーカーフロントステレオスピーカー with Smartboostフロントスピーカー
センサーGPS(他は未記載)GPS(他は未記載)
防水撥水ナノコーティング(IP52相当)撥水ナノコーティング
Black lens/Dark Gray Frame and accents/ Black Soft Feel Inlay
White lens/Silver Frame and accents/Bamboo Inlay
Moto Maker対応
Black with Black Back
White with Winter White Back
Moto Maker対応
備考Pure Editionのデータを元に作成UK、AUのデータを元に作成
【2015/10/30】StyleのLTEバンド、フロントカメラについて修正
【2015/07/31】StyleのLTEバンドについて修正

Moto G (3rd Gen)



最後にMoto Gですが、正直なところ今まで安っぽいデザインでしたが、今回のMoto Gはかなりかっこいいですね!

Moto Maker




今回のMoto Gの最大の特徴は、Moto Makerに対応したところですね!
かなりカラフルになり、見ていて楽しいですね。




基本は白と黒の二色ですが、今までのMoto Gのように色々なカバーを付け替えることで楽しむことが出来ます。
恐らく、Moto Makerが使えない新興国向けにこういった要素も取り入れてるのだと思います。

防水




今回のMoto Gの目玉のもう一つは防水ですね。
2nd Genも一応防水対応でしたが、STYLEなどと同様の撥水ナノコーティングでした。

Moto G 3rd GenはIPX7に対応しており、30分間水につけても大丈夫とのことです。

スペック


スペックについてはこの通りです。以下表にまとめます。

メーカーMotorola Mobility
モデルMoto G (3rd Gen)
価格$179.99~
OSAndroid 5.1.1 Lollipop
SoCCPU:Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 1.4GHz 4コア / GPU:Adreno 306 400MHz
RAM1GB / 2GB
ROM8GB(RAM:1GB) / 16GB(RAM:2GB)
サイズ高さ:142.1mm / 幅:72.4mm / 厚さ: 6.1~11.6mm
重さ155g
画面5インチ / 720p 1280 x 720 / 294 ppi / Corning Gorilla Glass 3
バッテリー2470mAh
ネットワーク
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
WCDMA:850 / 1700/AWS / 1900 / 2100 MHz
LTE:Band2 / 4 / 5 / 7 / 12 / 17
リアカメラ13MP / F値2.0 / デュアルトーンフラッシュ / 1080p HD video (30 fps)
フロントカメラ5MP / F値2.2
SIMMicro-SIM(地域によって異なる)
microSD最大32GB
接続端子Micro USB / 3.5mm ヘッドセットジャック
無線通信WiFi:802.11 b/g/n / Bluetooth version 4.0 LE
スピーカーラウドスピーカー
センサーGNSS(GPS, AGPS, GLONASS, BeiDou) / 加速度計 / 近接センサー / 周囲光センサー / センサーハブ
防水IPX7
Black / White / Moto Maker対応
備考GSM版(XT1540)


発売日


発売日は、Moto X (3rd Gen)が本日(現地時間7月28日)、Moto X Playが8月、Moto X STYLEが9月となっております。



30分と短い発表会でしたが、割と期待通りの端末が発表されたのではないでしょうか?

Moto X StyleはSoCがSnapdragon 808と、他のフラッグシップには少し劣るのが気になりますが、Moto X (2nd Gen)から正統な進化をしているのではないでしょうか。

私はファブレットが欲しいので、Styleを購入候補の一つとして考えています。


それと、Motorola公式ブログに気になる記述があります。

Moto X Play will be available starting in August in various countries across Europe, Latin America, and Canada (sorry, it won’t be available in the US, but we’ll have more choices for you all later this year). Moto X Style will be available in countries across Europe, Latin America and North America starting in September. We’ll share news for Asia Pacific, including more on China and India, later this year.

Moto X Playはアメリカでは発売しないけど、今年の終わりに選択肢を増やす。
中国やインドを含むアジア太平洋地域に、今年の終わりにニュースを共有する。

とあるため、2015年末に何かしら端末が発表されるのでしょうか。気になるところです。

Moto X Styleの記事一覧

0 コメント:

コメントを投稿

Google+ Badge

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.