主にAndroidのカスタマイズ関係について書いていきます

2016/01/26

【ソフトウェアレビュー】Moto X Style XT1572の独自機能などを紹介します!

さて、前回の記事でデザインについて紹介をしたMoto X Style XT1572ですが、今回はソフトウェアや独自機能などを紹介していきたいと思います。




Androidのバージョンですが、購入時にはAndroid 6.0へのアップデートが配信されていたため、レビューする内容はAndroid 6.0、ビルド番号MPH24.49-18のものとなります。


プリインアプリ


プリインアプリは上の画像のものとなります。
プリインアプリはかなり少なく、ほぼ素のAndroidを搭載していることになります。

Motorola製のアプリはMotoアプリ(上の画像には載っていません)、Galleryアプリ、カメラアプリとなります。

Google+アプリが入っていなかったのはびっくりしましたね。

Motoアプリ


Motoアプリを起動すると、上のようなメッセージが出ます。
とりあえず右上のキラキラマークをタップします。



Motoアプリでできることは上の画像の三つ(Actions、Voice、Display)に分けられます。

Actions

まずはActionsから紹介していきます。


Actionsでは5つの動作を行った時の端末の反応を設定することができます。



まずは2回振り下ろしてフラッシュライトを操作ですが、かなりタイミングが掴み辛いです。上手くフラッシュライトが点かない時の方が多いですね。タイミングを自分で設定出来れば良いのですが……。



続いて近付いてMoto Displayを起動ですが、端末上に手をかざすことで、Moto Display(後述)を起動し、通知を確認できる機能となっています。
かざすだけではなく、端末を手に持ったり、傾けたりすることでもディスプレイをオンに出来るので、とても便利です。私のお気に入りの機能ですね。(まるでフォースを使っている気になります。)



次に持ち上げてMoto Voiceを起動ですが、Moto Voiceが日本語に対応していないため、使うことが出来ません。英語など画像に書いてある言語でなら使えます。



手首をひねってQuick Captureですが、手首を素早く2回ひねるとカメラを起動できるという機能です。これはかなり反応が良く、重宝しています。



最後にAttentive Displayですが、画面を見ている最中はずっと画面を点灯し、画面から目をそらすと消灯するというものです。こちらはバッテリー消費量が増えるようです。私はあまりメリットを感じなかったのでオフにしています。

ちなみにこれらの説明のイラストはアニメーションになっており、どういった機能なのかわかりやすくなっています。

Voice

Moto Voiceに関しては先ほども挙げた通り、日本語では使えないので割愛します。

Display


Moto Displayと言って、画面オフ時に通知が来た場合、画面が自動で点灯し、通知を表示する機能です。


通知が来るとこのように画面が点灯します。



通知アイコンをタップすると、通知の詳細を見ることが出来ます。(設定で見れないようにも出来ます。)

手をかざして起動する画面がこのMoto Displayで、通知を簡単に確認できるという点は凄く良いのですが、Google Play Musicで表示されるボタンが、「いいね」、「戻る」、「再生/一時停止」となってしまい、残念な感じになっています。


これについては早急に「戻る」、「再生/一時停止」、「次へ」にして欲しいものですね。

Moto DisplayのアップデートでGoogle Play Musicのコントロールに対応しました!
アップデートにて修正されています。

今紹介したMotoアプリで出来る動作こそ、Moto XがAOSPから差別化出来る部分であり、端末をより使いやすくなる機能であると思います。

設定全般


設定も、素のAndroidのままです。

カラーモード

設定に追加されている機能の一つはディスプレイの項にあるカラーモードです。


色温度等自由に設定できるわけではないのですが、「標準」と「鮮明」を選ぶことができます。
初回起動時、画面がかなり黄色いなあと思ったのですが、今まで使っていたM8がかなり青かったのと、ブルーライトカットメガネをかけていたために、かなり黄色く見えてしまっていたようです。

AndMem管理人のぎんよく氏にも確認してもらったところ、問題ないとのことでした。


Motorola ID


いまいち使いどころの分からないMotorola IDです。Googleアカウントでログインできます。

APN


APNは最初からいくつかのものが入っています。もちろん、手動で追加も出来るので、入っていないものでも問題ないはずです。SPモードでも接続することが出来ました。

技適


技適もしっかり取得されているので、日本で問題なく使うことができます。


以上、Moto X Styleのソフトウェアレビューでした!
Pure Androidを体験したい+もうちょっと便利な機能が欲しい、という方向けの端末であると思います。
手をかざして画面オンは、かなり気に入っているので、手放せない端末になりそうです!

Moto X Styleの記事一覧

  1 件のコメント:

  1. こんにちは、はじめまして
    先ほど、styleのセルスタンバイについてメールを送りました
    よろしくお願いいたします

    返信削除

Google+ Badge

Blog Archive

お世話になっているサイト様

HTCの情報を発信しているサイトです。

HTC端末の改造などについて解説をしているサイトです。Sense 6 ROMも公開されています。

Xperiaのrootkitなどを公開されています。こちらのブログでもprerooted.zipなどでお世話になっています。

NexusやLG G2などの改造、Android全般のカスタム関係について解説しています。

主にHTC端末のカスタムについて解説をしています。

いわゆる154氏のサイトで、GXのカスタムROM等公開されています。

※勝手にリンクさせていただいております。何か不都合または紹介文の変更等ある場合はご連絡ください。

所持端末一覧

IS05(2.3.4)
HTC EVO WiMAX(4.4.4)
HTC EVO 3D(5.1.1)
Nexus 7 2012(7.0)
Xperia GX(5.1.1)
Motorola RAZR(6.0.1)
P-01D(2.3.4)
HTC J butterfly(7.1.2)
Xperia Z(7.1.2)
HTC J One(7.1.2)
HTC One M8(6.0)
Moto 360 1st gen(6.0.1)
Nexus 9(7.1.1)
NVIDIA SHIELD Pro(7.0)
Moto X Style(6.0)
Powered by Blogger.